逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

赤井耕多

赤井耕多
赤井耕多(あかいこうた)

つらい状況をいち早く安心に変えられるよう、
全力を尽くします。
自分に厳しく人に優しくの精神で対応します。

所属事務所 アトム法律事務所新宿支部
所属弁護士会 第二東京弁護士会
登録番号 54614
出身 静岡県
学歴 法政大学法学部卒業
学習院大学法科大学院修了
趣味 読書、フットサル
座右の銘 努力の道に希望が転がる
メディア出演 フジテレビ「めざましどようび」「めざましテレビ」
赤井耕多

自己紹介

はじめまして。弁護士の赤井です。静岡県出身で、大学から上京しました。幼いころからスポーツに打ち込み、中学時代は陸上で長距離走を専門としていました。個人競技である陸上はまさに自分との闘いで、苦しくても、「あともう少し頑張ろう」と何度も自分を鼓舞して走り続けました。そこで培った精神力を生かして、苦しい状況でも依頼者のために諦めず闘う弁護士を目指しています。性格は、温厚で、情に厚い人間とよく言われます。誰にも話せずに一人でお悩みの方も、安心してご相談ください。

赤井耕多

刑事事件弁護への想い

事件を起こした方やその家族は、不安でいっぱいだと思います。私は、学生時代に友人が事件を起こし、警察に問い詰められて泣く姿を目の前で見たことで、自分が法律の専門家になって人を助けられるようになりたいと思ったのが、弁護士を目指したきっかけです。弁護士になる前から、友人・知人から様々な相談をされることが多かったので、困っている人の立場に立ってお話できるのが私の取柄です。罪を犯した自分や家族のために利益を追求することが後ろめたいと思う方もいるかもしれません。しかし、何もせずじっとしているだけでは被害者も加害者も前を向けません。弁護士に相談すればより良い結果となるケースがたくさんあります。ぜひ、あなたの悩みをお聞かせください。解決に向け一緒に頑張りましょう。

弁護士紹介と事務所概要

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。