海南から恐喝の勾留についてLINE相談できる弁護士をお探しの方へ

  • このまま留置されている下の弟は実名報道されてしまうのでしょうか?
  • 海南市で息子が恐喝に関わった疑いで供述を求められている!!
  • 近場の警察から父が犯罪行為を犯してしまったと電話がきました・・・

海南で身内がいきなり警察に呼び出しを受けた・・・
そんな時、どうするのが一番良いのでしょうか?

対処を間違えてお手上げになる前に、すぐに恐喝と刑事事件を中心的に取り扱うアトム法律事務所の弁護士に連絡してください。

有罪で前科がついたら、ましてや実刑になってしまったら、本人も家族も非常に苦労しますね・・・。

  1. 釈放してもらいたい
  2. 被害者と示談を結びたい
  3. 前科を回避したい

アトム法律事務所は、このようなお客様のお困りごとに合わせたベストな弁護活動を提供します。

スマホやPCで手軽に無料相談

24時間対応のフリーダイヤル予約案内や職場から使える刑事事件LINE相談で、逼迫した困りごとにもスピーディーに応じられます。

恐喝事件への対処は時間が命です。

早急な勾留阻止不起訴に向けた活動が、その後の人生を大きく左右します。

弁護士あり 弁護士なし
警察対応 弁護士に一任 自力で行う
釈放・不起訴 可能性上がる 可能性下がる
※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。