逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

立川・八王子

「立川駅」から新宿駅まで乗車26

所在地

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-13-8 朝日新宿ビル8階

アトム法律事務所東京支部 アトム法律事務所最寄り駅
アトム法律事務所東京支部

アクセス

公共交通機関をご利用の方

JR線

新宿駅JR西口改札を出て直進し、左手すぐの2番出口の階段を上る。京王百貨店を左手に見ながら道なりに進み、三井住友信託銀行手前の交差点を渡って直進し、右手に新宿郵便局がある交差点を左折し、最初の通りの角にあるビルの8階(1階がドトール)。

小田急線

小田急西口地上改札を出てすぐ左手の出口から屋外に出る。京王百貨店を左手に見ながら道なりに進み、三井住友信託銀行手前の交差点を渡って直進し、右手に新宿郵便局がある交差点を左折し、最初の通りの角にあるビルの8階(1階がドトール)。

京王線

京王西口改札を出てすぐ、右手にある三菱東京UFJ銀行のATMの先の階段を上って地上に出る。京王百貨店を左手に見ながら道なりに進み、三井住友信託銀行手前の交差点を渡って直進し、右手に新宿郵便局がある交差点を左折し、最初の通りの角にあるビルの8階(1階がドトール)。

東京メトロ丸ノ内線

新宿西口改札を出て、東京メトロA12番出口を出て直進し、JR西口改札前に出たら右折し、左手すぐの2番出口の階段を上る。京王百貨店を左手に見ながら道なりに進み、三井住友信託銀行手前の交差点を渡って直進し、右手に新宿郵便局がある交差点を左折し、最初の通りの角にあるビルの8階(1階がドトール)。

都営地下鉄新宿線・大江戸線(京王新線)

7番出口から地上に出て直進し、2つ信号を渡り、右手に「石器料理石川」があるビルの8階(1階がドトール。1つ目の信号近くのドトールではないので注意)。

お車でお越しの方

カーナビで「新宿郵便局」と入力してお越しください。

または、首都高速4号新宿線西新宿三丁目出口を出て直進し、東京都庁手前の一つ目の信号を右折して、信号二つ目を越えたところにあるカラオケBIGECOHのビルの二つ左隣りの、1階にドトールが入っているビル。

近くのコインパーキングをご案内いたします。0120-631-276まで事前にご一報ください。

東京都の弁護士を探す

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。