逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 脅迫事件の基礎知識

脅迫事件の基礎知識

ここでは脅迫事件の基礎知識について、様々な事例を元にQ&A形式などで解説していきます。

脅迫で警察から呼び出しされたら

「脅迫で警察から呼び出しされたらどうしたらいいか」というご相談に弁護士がお答えします。呼び出されて何を聞かれる ...

脅迫で懲役はあるか

「脅迫で懲役はあるか」というご相談に弁護士が回答します。脅迫で懲役刑になる可能性は低いですが、懲役刑になること ...

脅迫で不起訴を獲得するには

「脅迫で不起訴を獲得するには」というご相談に弁護士が回答します。脅迫で不起訴を獲得するには、示談等の成立が必要 ...

脅迫の共犯者とされたら

「脅迫の共犯者とされたら」というご相談に弁護士が回答します。まず、脅迫の共犯者とされるような場合について説明し ...

闇金は脅迫にあたらないのか

「闇金は脅迫にあたらないのか」というご相談に弁護士がお答えします。また、そもそも闇金とは何かについても簡単に解 ...

脅迫で逮捕された後どうなるか

「脅迫で逮捕された後どうなるか」というご相談に弁護士がお答えします。また、どう対応するのがよいかという点につい ...

脅迫が初犯だったら

「脅迫が初犯だったらどうなりますか?」というご相談に弁護士がお答えします。初犯の事情は、刑事事件上、有利な事情 ...

友人を脅迫してしまったら

「友人を脅迫してしまったら」というご相談に弁護士が回答します。また、友人にも脅迫罪が成立するか、警察が動く場合 ...

脅迫で被害届を取り下げてもらうには

「脅迫で被害届を取り下げてもらうにはどうしたらよいですか?」という相談に、弁護士が解答します。まずは、被害者へ ...

脅迫で訴えられたら

「脅迫で訴えられたらどうなるか」という相談を弁護士が回答します。また、あわせて、訴えられた場合の対応についても ...

被害者と面会したら脅迫か

「被害者と面会したら脅迫罪が成立しますか?」という相談に弁護士が回答します。また、被害者との面会の際に気を付け ...

脅迫罪で逮捕される場合の証拠は

「どのような証拠がある場合、脅迫罪で逮捕されますか?」という相談に弁護士が回答します。また、逮捕・勾留を防ぐ方 ...

ヤクザの名前を出したら脅迫か

「やくざの名前を出したら脅迫か」というご相談に弁護士が答えます。 具体例をもとにして、簡単に解説いたします。 ...
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)