逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 脅迫罪の刑罰と量刑相場は?

脅迫罪の刑罰と量刑相場は?

脅迫罪の刑罰と量刑相場について、刑事専門で脅迫事件に強い弁護士に相談したい方へ。脅迫の法定刑の知識を得た上、実務でどのように運用されているか理解することは大切です。

Q 脅迫事件を起こすと、どのような刑罰に問われるのですか?

脅迫罪で起訴された場合の法定刑は、2年以下の懲役または30万円以下の罰金です。これ以外にも、脅迫罪に関連する犯罪類型がありますので、比較してみましょう。

脅迫行為に伴って、ナイフを示したり、暴力団が背景にあることを示したり、複数人が一緒になって脅迫したりした場合には、暴力行為等処罰法違反となります。

罰金刑は同じですが、懲役刑の上限が3年となっている点で、通常の脅迫罪よりも重い犯罪です。

また、脅迫行為により、相手に何らかの行為を要求し、実際に相手に行わせた場合には、強要罪が成立します。強要罪の懲役刑の上限は3年であるとともに、罰金刑がないため、起訴された場合には必ず裁判になるため注意が必要です。

脅迫罪には罰金刑があるため、検察官が罰金を選択すれば、略式起訴という書類審査だけの手続となり、法廷での裁判は開かれないことと対照的ですね。

脅迫罪 2年以下の懲役または30万円以下の罰金
暴力行為等処罰法違反
(脅迫)
3年以下の懲役または30万円以下の罰金
強要罪 3年以下の懲役

Q 脅迫事件は、実際にはどのような刑事処分で運用されているのですか?

脅迫事件は、単発的で態様も軽微な場合には、被害者との間で示談が成立すれば、不起訴になることがほとんどです。

一方、脅迫行為の態様が軽微であっても、被害者と示談が成立していなければ、罰金刑として略式起訴される場合が多いようです。

脅迫行為が反復継続している、あるいは内容自体が悪質な場合には、法廷での裁判が開かれ、懲役刑になる可能性も十分あります。

反対に、態様が悪質であったとしても、被害者との間で示談が成立すれば、不起訴になる可能性が高まります。この場合、前科を阻止することができます。

脅迫事件を起こしてしまったけど、前科者になるのは絶対に避けたいという場合には、脅迫の態様が悪質か軽微かにかかわらず、刑事事件を専門とする弁護士にご相談ください。

被害者との間で、迅速かつ適切に示談を成立させ、あなたに前科がつくことを全力で阻止します。

示談なし 示談あり
態様軽微 罰金刑 不起訴の可能性大
態様悪質 懲役刑または罰金刑 不起訴の可能性中
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)