痴漢に強い弁護士

脅迫で懲役はあるか

「脅迫で懲役はあるか」というご相談に弁護士が回答します。脅迫で懲役刑になる可能性は低いですが、懲役刑になることもあります。被害者との示談成立等の弁護活動は大きいものがあります。

Q 脅迫で懲役はあるか?

脅迫で懲役刑になる可能性は低いです。ただし、事件が社会に与えた影響が大きい場合や、前科前歴が多い場合等には、懲役刑になることもあります。

脅迫罪の刑罰は、2年以下の懲役、又は、30万円以下の罰金になります。

他の犯罪と比べ、脅迫罪の刑罰は軽いといえます。
たとえば、窃盗罪の刑罰は、10年以下の懲役、又は、50万円以下の罰金になります。

窃盗罪では、刑罰の上限が、脅迫罪よりも重いことがわかると思います。
より具体的に言うと、窃盗罪では、前科多数の場合などでは、万引きに過ぎない場合にも、懲役4年の刑罰が下ることがあります。

しかし、脅迫罪の場合、前科多数であっても、通常、懲役2年が上限になります。
もちろん、再犯加重の規定等が適用される場合は別ですが、それでも、窃盗罪の量刑とは圧倒的な差があります。

Q 懲役にならないための対応は?

脅迫罪で懲役にならないためには、被害者との示談成立が重要です。
また、今回の事件をどのぐらい反省され、二度と同じようなことがないかも重要です。

前述のように、脅迫罪は刑罰が比較的軽いです。そのため、示談成立、または被害弁償等ができれば、起訴猶予になる可能性も高いと考えられます。
起訴猶予になれば、懲役刑にはなりません。

また、起訴猶予にならなくとも、示談成立、被害弁償等ができれば、執行猶予がつく可能性も大きいです。

刑事事件では、スピードが重要です。示談成立等は、早ければ早いほど効果的です。
弊所では、24時間体制で専門スタッフが予約の電話を受け付けております。

【対応のまとめ】
目的 対応
検察官の不起訴獲得 検察官の起訴時までに、示談成立、被害弁償等が望ましい
裁判所の執行猶予判決 判決までに、示談成立、被害弁償等が望ましい

 


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談