逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

脅迫で警察から呼び出しされたら

「脅迫で警察から呼び出しされたらどうしたらいいか」というご相談に弁護士がお答えします。呼び出されて何を聞かれるか、どう対応すべきか、簡単に解説します。

Q 警察から呼び出されて何を聞かれるか?

まずは、住所、氏名、家族、職業等の身の上のことを聞かれます。
身の上のことを聞いた後で、本題について聞かれます。

本題をどのように聞くか、どこから聞くかは、その取調べ担当者によります。
ですが、取調官が、聴取する事柄は共通しています。
たとえば、脅迫の内容、経緯、動機、余罪の有無等は、必ず聞かれる事柄になります。

また、具体的事情を聞いてきます。
「脅迫したのか?」のような抽象的な事柄はあまり聞いてきません。

たとえば、被害者に対して実際に発言した言葉、その時の距離、これまでの経緯等に関する具体的事実を一つ一つ聞いてきます。

Q 警察からの呼び出しにどう対応すべきか?

警察からの呼び出しがあった場合、呼び出しに応じ、また、正直に事実関係を話した方がよいです。

どうしても呼び出し日が都合が悪い場合、警察に事情を説明した方がよいです。

正直に事実関係を話すということですが、ご自身の記憶の通りに話すということです。

たとえば、警察が「被害者はこう言っている。だから、真実はこうなんだろ?」みたいなことを言うことがありますが、このような警察の発言に従うということではありません。
他の人がどう言っているかではなく、ご自身の記憶の通りに話すということです。

また、ご自身に有利な事情も説明されてください。そして、有利な事情を調書に書いてもらうことも大事です。

【警察からの呼び出しへの対応】
対応1 素直に呼び出しに応じる
対応2 記憶通りに話す
対応3 有利な事情の説明をする。また、その説明を調書に書いてもらう

 

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。