逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

岡野武志

岡野武志
岡野武志(おかのたけし)

日米の実社会で揉まれて得た
圧倒的な行動力と、タフな精神力が、
他の弁護士にはない私の強みです。

所属事務所 アトム法律事務所
所属弁護士会 第二東京弁護士会
登録番号 37890
出身 大阪府
学歴 Beasley School of Law at Temple University (LL.M. Programs) 修了
趣味 筋トレ、トライアスロン
座右の銘 退路を断つ、一点集中
メディア出演 NHK「ニュースウォッチ9」 フジテレビ「ノンストップ!」 テレビ朝日「モーニングバード!」 テレビ朝日「やじうまプラス」 読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」 読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」 TBSテレビ「スパモク!!」 TBS「Nスタ」 TOKYO MXテレビ「5時に夢中!」 毎日新聞 日経ビジネスアソシエ 他多数
法律監修 NHK「聖女」 テレビ朝日「相棒season13」 フジテレビ「鬼女」 フジテレビ「夏樹静子サスペンス 光る崖」 フジテレビ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」 フジテレビ「素直になれなくて」 日本テレビ「35歳の高校生」 映画「漫才ギャング」 ほか多数
岡野武志

自己紹介

弁護士の岡野武志です。高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、司法試験に合格し、アトム法律事務所を創業しました。 18歳で高校を卒業し、28歳で司法試験に合格するまで、バーテンダー、各種工事の現場作業員、人材派遣コーディネーターなど、数々の仕事を経験したことが今の仕事の下地となっています。 日米の実社会で揉まれて得た圧倒的な行動力とタフな精神力が、他の弁護士にはない私の強みです。

岡野武志

刑事事件弁護への想い

刑事事件の被疑者となってしまいお困りの方へ。 突然のことで困惑していることと思います。まずは刑事事件や刑事裁判の流れを知るためにも、私たちの主催する無料相談をご利用ください。無料相談を受ける中で、示談での解決や不起訴で済む方法が見つかるかもしれません。また、弁護士の選び方や弁護士費用の計算方法についても、無料相談の中でお伝えすることができます。刑事事件の解決はタイミングが大切です。お気軽にご相談ください。

弁護士紹介と事務所概要

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。