痴漢に強い弁護士

脅迫で不起訴を獲得するには

「脅迫で不起訴を獲得するには」というご相談に弁護士が回答します。脅迫で不起訴を獲得するには、示談等の成立が必要になってきます。そして、示談等のためには、弁護士に依頼することをお勧めします。

Q 脅迫で不起訴を獲得するには

脅迫で不起訴を獲得するには、示談成立、又は、被害弁償が重要です。また、示談成立等は、検察官の起訴・不起訴の判断前に行う必要があります。

脅迫罪の刑罰は、比較的、他の犯罪よりも軽いです。脅迫罪の刑罰は、2年以下の懲役、又は、30万円以下の罰金になります。

また、脅迫罪では、実際の被害が出ていない状態に留まっています。
もちろん、脅迫により、被害者は精神的苦痛を被っていますが、脅迫内容が実行はされていない段階です。そのため、検察官が不起訴処分にする可能性はあります。そして、被害者とも示談が成立しやすいとも考えられます。

Q 示談はどうすればよいか

被害者との示談交渉は、弁護士に依頼することをお勧めします。また、できる限り早く依頼することが重要です。刑事事件は、スピーディーな対応が求められます。

警察から逮捕等の身柄拘束を受けている場合、ご自身で示談交渉することはできません。また、被害者は脅迫を受けています。そのため、怖くて、又は、怒りのため、直接、加害者側と示談交渉を望まないケースがあります。

しかし、弁護士に依頼することで、弁護士が直接示談交渉を行うことができます。
また、被害者は、第三者の弁護士であれば、示談交渉に応じることもあります。
したがって、示談交渉のために、弁護士に依頼することは重要です。

【示談交渉のまとめ】
当事者での示談の問題点 弁護のメリット
身柄拘束中は、ご自身で示談交渉できない 弁護士が、直接、示談交渉を行うことができます
被害者が、恐怖又は怒りによって、交渉に応じてくれない 第三者の弁護士であれば、被害者も交渉に応じやすい

全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談