逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

脅迫で不起訴を獲得するには

「脅迫で不起訴を獲得するには」というご相談に弁護士が回答します。脅迫で不起訴を獲得するには、示談等の成立が必要になってきます。そして、示談等のためには、弁護士に依頼することをお勧めします。

Q 脅迫で不起訴を獲得するには

脅迫で不起訴を獲得するには、示談成立、又は、被害弁償が重要です。また、示談成立等は、検察官の起訴・不起訴の判断前に行う必要があります。

脅迫罪の刑罰は、比較的、他の犯罪よりも軽いです。脅迫罪の刑罰は、2年以下の懲役、又は、30万円以下の罰金になります。

また、脅迫罪では、実際の被害が出ていない状態に留まっています。
もちろん、脅迫により、被害者は精神的苦痛を被っていますが、脅迫内容が実行はされていない段階です。そのため、検察官が不起訴処分にする可能性はあります。そして、被害者とも示談が成立しやすいとも考えられます。

Q 示談はどうすればよいか

被害者との示談交渉は、弁護士に依頼することをお勧めします。また、できる限り早く依頼することが重要です。刑事事件は、スピーディーな対応が求められます。

警察から逮捕等の身柄拘束を受けている場合、ご自身で示談交渉することはできません。また、被害者は脅迫を受けています。そのため、怖くて、又は、怒りのため、直接、加害者側と示談交渉を望まないケースがあります。

しかし、弁護士に依頼することで、弁護士が直接示談交渉を行うことができます。
また、被害者は、第三者の弁護士であれば、示談交渉に応じることもあります。
したがって、示談交渉のために、弁護士に依頼することは重要です。

【示談交渉のまとめ】
当事者での示談の問題点 弁護のメリット
身柄拘束中は、ご自身で示談交渉できない 弁護士が、直接、示談交渉を行うことができます
被害者が、恐怖又は怒りによって、交渉に応じてくれない 第三者の弁護士であれば、被害者も交渉に応じやすい
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。