痴漢に強い弁護士

脅迫で逮捕された後どうなるか

「脅迫で逮捕された後どうなるか」というご相談に弁護士がお答えします。また、どう対応するのがよいかという点についても回答します。

Q 脅迫で逮捕された後どうなりますか?

脅迫で逮捕された場合、警察から取調べを受けます。取調べの結果、犯罪の嫌疑がないとされた場合には釈放されます。
また、犯罪の嫌疑があるものの、身柄拘束を続ける必要がないと判断された場合にも、釈放されます。

他方、身柄拘束を続けると判断された場合、検察官が勾留請求をすることがあります。勾留は、最大23日間の身柄拘束になります。

勾留の身柄拘束中に、検察官が、起訴・不起訴を判断します。

Q 脅迫で逮捕された場合の対応は?

実際に脅迫を行ったか否かで対応が異なります。脅迫行為を行っていない場合、冤罪を晴らす必要があります。
冤罪を晴らすために、ご本人で対処すべきことは、正確に記憶のとおり説明することです。また、弁護人を依頼した方がよいです。

他方、脅迫行為を行っていた場合は、素直に事実関係を説明することです。嘘をつくのは望ましくありません。

事案にもよりますが、脅迫事件の場合、素直に認めることで、身柄拘束は解かれる可能性が高いと考えられます。脅迫罪は、比較的、刑罰が重くありません。そのため、執行猶予も見込まれるからです。
また、示談交渉等のために、弁護士に依頼することをお勧めします。

【脅迫で逮捕された場合の対応】

冤罪のケース 取調べでは、記憶のとおり正確に説明する。弁護士を呼ぶ。
冤罪でないケース 取調べでは、素直に記憶のとおり説明する。示談交渉では、弁護士に依頼する方がよい。

全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談