痴漢に強い弁護士

脅迫罪で逮捕される場合の証拠は

「どのような証拠がある場合、脅迫罪で逮捕されますか?」という相談に弁護士が回答します。また、逮捕・勾留を防ぐ方法についても、簡単に解説します。
身柄拘束は負担が重いため、それを避けるのは重要です。

Q どのような証拠がある場合、脅迫罪で逮捕されますか?

まず、逮捕の必要性がある場合でなければ、逮捕はされません。罪証隠滅、逃亡のおそれがある場合です。
これに加え、逮捕のためには、ある程度の証拠が必要になります。

たとえば、被害者の証言が信用性が高い場合や、メールなどの物証がある場合、逮捕されることがあります。メールは、脅迫文言を書いたもの等です。

なお、事案が悪質ではない場合、警察は逮捕まで踏み切らないことが多いでしょう。

Q 脅迫罪の逮捕・勾留を防ぐには?

脅迫を行ってしまった場合には、被害者との示談成立が重要です。示談ができない場合、被害弁償が重要です。

罪を認めて示談交渉をしたという姿勢は、罪証隠滅等をする姿勢ではないと受け止められるからです。また、被害回復がされていれば、刑事処分は軽くなります。そのため、その手続の身柄拘束が均衡を失するからです。

また、罪証隠滅、逃亡のおそれを疑われるような行為は慎んでください。このようなことが行われると、逮捕・勾留につながります。

【逮捕・勾留を防ぐには】
示談成立、被害弁償 被害回復を実際に実現すること、又は、被害回復実現の見込みが必要です。
罪証隠滅、逃亡を疑われない 被害者との接触は慎重にしてください。また、警察に素直に事実関係を説明してください。

全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談