痴漢に強い弁護士

脅迫で被害届を取り下げてもらうには

「脅迫で被害届を取り下げてもらうにはどうしたらよいですか?」という相談に、弁護士が解答します。まずは、被害者への謝罪から始まることを念頭においてください。

Q 脅迫で被害届を取り下げてもらうにはどうしたらよいですか?

被害者に謝罪し、示談を成立させるのがよいです。また、示談が成立できない場合は、慰謝料等の被害弁償をされた方がよいです。

また、被害者が被害届を提出した一番の理由は何でしょうか?その理由を検討し、対応できることを誠実にされた方がよいです。

また、示談成立等ができた場合ですが、警察、又は、検察官に対し、すぐに示談成立を伝えた方がよいです。
 

示談成立 被害弁償の実現、又は、被害弁償の見込みがあることを要します
被害弁償 相手の損害に見合う、妥当な金額の支払いです
その他 被害者の心情に応じて、誠実に対応

Q 被害届が取り下げられない場合は?

被害届が取り下げられない場合でも、被害弁償等を行った方がよいです。被害弁償金は、通常、慰謝料になります。
ただし、その他にも、嫌がらせ等を行っていたのであれば、その賠償もされた方がよいです。

また、被害届が取り下げられるかにかかわらず、犯行に至った原因を考え、反省されるのが重要です。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談