逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

被害者と面会したら脅迫か

「被害者と面会したら脅迫罪が成立しますか?」という相談に弁護士が回答します。また、被害者との面会の際に気を付けることについても、簡単に説明します。
被害者との面会は、気を付けても気をつけすぎることはないと思って慎重に対応されてください。

Q 被害者と面会したら脅迫罪が成立しますか?

被害者と面会すること自体で、脅迫罪になることはありません。
しかし、被害者と面会した際に、口論等になり、頭に血が上ることもあります。その際、強い口調になった場合には、脅迫罪が成立する可能性もない訳ではありません。

また、脅迫罪とは別の犯罪が成立することもあります。多いのは証人威迫等の罪です。
たとえば、被害者が面会を拒絶しているにもかかわらず、面会を強要、又は、示談を強要するようなことをすれば、証人威迫等の罪が成立します。

Q 被害者との面会に関して気を付けることは?

前述した、脅迫罪、証人威迫等の罪が成立することがないよう、慎重な姿勢が望まれます。実際、ご自身が意図していない場合にも、誤解によって被害者が脅迫を受けたと感じる場合があります。

被害者は、加害者の行動は信用することができないと思っているケースが多いです。そのような被害者の目には、加害者の行為がどうしても悪く映ってしまいます。

これらの事情より、示談交渉の際には、弁護士に依頼されることをお勧めします。弁護士は第三者であり、比較的、被害者も安心して応じることができます。また、弁護士は、法律の専門家であり、また、弁護士会からの規制もあり、信頼性があります。

【弁護のメリット】
証人威迫等の罪との関係 加害者ご本人が、示談交渉のため、被害者と接することがありま。しかし、無理強いした場合は、証人威迫等の罪に問われることがあります。
被害者の心情 被害者は加害者を恐れています。そのため、面会自体できない可能性も高いです。弁護士が対応すると、被害者は安心感を覚えることがあります。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。